学生さんが卒業後、社会人になったらクレジットカードはどうする?

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生さんが社会人になったらクレジットカードはどうすればいい?

学生が卒業するイメージ画像

卒業後も学生クレジットカードは使える!カード会社によっては更新カードが郵送されることもある!

学生さんはいつかは大学や専門学校を卒業して社会人になると思いますが、その時に学生さんが使っているクレジットカードはどうすれば良いのでしょうか?また卒業後にクレジットカードの利用においてしておくことは何なのでしょうか?

今回は学生さんが卒業後に持ちやすいクレジットカードの疑問を解説していきます。

学生クレジットカードは卒業後も使える!

学生さんが利用している学生専用クレジットカードは卒業後も継続して利用できます。例えば、三井住友VISAデビュープラスなどはそのまま利用することができます。また学生専用でない一般クレジットカードを利用している学生さんも問題なく継続して利用できます

しかし、一部の学生専用カードは卒業後に一般カードなどへ更新されるカードもあります。その場合はカード会社から郵送で更新カードが送付されてくるので、そちらに切り替える必要があります。

注意点はカード会社は学生さんがクレジットカード申し込み時に申請した卒業予定年のデータしか知りません。そのため卒業予定年が延長した場合は、カード会員WEBサイトから情報の修正を行なわないと、カード会社に卒業予定年が延長された事実を知らせることはできません。休学や留年をした場合は卒業予定年の修正をしてください。

クレジットカードに付帯している学生専用特典はなくなることに!

学生さんが学校を卒業するとクレジットカードに付帯している学生特典はなくなります。学生特典はカード会員が学生さんの期間に利用できることが原則です。

そのため学生さんが留年や休学等で卒業予定年が伸びる場合は、クレジットカード会社にカード申し込み時に提出した卒業予定年を更新しておくことが学生特典を受けるために必要です。卒業予定年はカード会員専用webサイトやカードデスクに連絡を取ることで更新ができます。

学生さんが卒業後にしておくクレジットカード設定:「勤務地」などの情報を登録しよう。

学生さんがクレジットカードについて卒業後にしておくことは、入社先の企業の勤務地や年収等のデータを登録することです。学生クレジットカードの申し込み時には学校名や卒業予定年を入力したと思いますが、入社した際も企業名や年収等のデータを登録していきます。

カード会社はカード会員の年収や勤務情報を元にショッピング・キャッシングの総利用可能枠やゴールドカードの審査を行ないます。入社後はクレジットカードの会員用WEBサイトにアクセスし情報を更新することを忘れずに!

留年や進学で学校の卒業予定が延長されたら卒業予定年の延長を修正しよう!

もし留年や留学により学生でいる期間が延長した場合はクレジットカード会社に申込時に登録した卒業予定年を更新しましょう。そうしないとクレジットカード会社は登録されている卒業予定年で学生さんが卒業するとデータで処理しされてしまいます。

カード会員WEBサイトやカードデスクに連絡を取ることで情報は更新できますので、卒業予定年が延長されることが決まったら情報を更新してください。

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする