学生さんは『繰り上げ返済』でクレジットカード利用代金を先払いしよう!

基本情報

クレジットカードの利用残高を今すぐ減らしたい学生さんは『繰り上げ返済』を覚えておこう!

繰り上げ返済の画像

リボ払いや分割払いで苦しい時は繰り上げ返済を利用しよう!

クレジットカードの分割払いをしたけれど、手数料が高額で早く返済したいと考えている学生さんは今すぐ「繰り上げ返済」を利用すると、分割払いやリボ払いの利用分を返済できます。

特に旅行前やパソコン・スマホを買う予定のある学生さんは、高額な買い物で利用可能枠がパンクすることがあるので、繰り上げ返済は覚えておきたいカード知識です。

『繰り上げ返済』ってなに?

繰り上げ返済とは、分割払いやリボ払いの残高を一括で返済する方法です。通常は口座引き落とし日(利用代金支払い日)に請求される利用代金を、振込の1週間前や当日にカード会社に電話連絡をして、手続きを取って返済します。分割払いやリボ払い、キャッシングの返済などに利用されます。

繰り上げ返済はどんな支払いにできる?

繰り上げ返済は以下のような支払いに利用することができます。

  • 分割払い
  • リボ払い
  • キャッシング
  • 海外キャッシュサービスの返済

上記を見てわかるように、手数料が必要になるサービスで繰り上げ返済が可能です。

繰り上げ返済の方法は?

繰り上げ返済の方法は、『カード会社のデスクに連絡して、繰り上げ返済したいことを伝える』ことです。繰り上げ返済は、口座に金額を入れておいてもダメで、カード会社が手続きを取る必要があります。

  1. カード裏面に書かれた「カードデスク」へ電話連絡する
  2. 繰り上げ返済したいことを伝える
  3. 専用デスクに繋いでもらう
  4. 指定の口座情報を教えてもらう
  5. 指定された口座に金額を振り込む

特別な手続きはこれだけで、後はカード会社から指示された口座に振り込むだけです。カード会社によっては振込による返済のみを受け付けていたり様々です。

提携金融機関のATMや各コンビニに設置している端末から返済の操作ができます。コンビニの場合は端末を操作して申し込み券を発行して、30分以内にレジで支払いをしてください。

請求が既に確定している場合は、その利用代金は繰り上げ返済できません。その請求に含まれた利用代金は請求日に支払うことになります。そのため、クレジットカード会社が請求内容に入れてしまう前にカード会社に連絡しないと繰り上げ返済は利用できません。

メリットは?

限度額が空く・回復する

繰り上げ返済をすることで、返済分の利用可能枠が空きます。繰り上げ返済をしてからシステムに反映されるまで各社時間が掛かりますが、返済分の割賦販売枠(分割払い枠)が利用できるようになります。

リボ払いや分割払いの手数料分が安くなる

リボ払いや分割払いには「手数料」がかかり、これが意外と高額です。手数料は最終支払い日までの日割りなどで算出されますが、繰り上げ返済をすればこの手数料が分割払いやリボ払いに比べ安くなります。

高額なクレジットカード利用や旅行の前に利用可能枠を空けることができる

繰り上げ返済を利用すれば、その分の利用可能枠が空きます。そのため学生さんは旅行前や高額な買い物をする前にクレジットカードが利用できる状態にするために、繰り上げ返済を使うと良いでしょう。

まとめ

繰り上げ返済は、リボ払いや分割払いを早く返済した学生さんが利用することで、利用可能枠を空けることができます。リボ払いを利用している学生さんで手数料地獄に陥っている場合は、この繰り上げ返済を利用してみてください!