将来も覚えておきたい「リボ払いの方がお得」になるケースを紹介!

得するおすすめ情報

「リボ払いの方がお得!」なケースを紹介!学生さんは覚えておこう!

リボ払いがお得な場合の画像

分割払いよりもリボ払いがお得なケースもある!

リボ払いと聞くと手数料地獄を想像する学生さんもいると思いますが、使い方によっては分割払いよりも安くなることもあります。さらにリボ払い専用カードだからこそできるお得な方法もあります。今回はその2つを紹介していきます。

分割払いよりもリボ払いの方が安いケースがある!

以下はライフカードの分割払いのシュミレーションです。

20万円の買い物を24回払いの分割払いで支払ったときの支払い総額は23万2,640円になります。

以下はリボ払いのシュミレーションです。

同じく20万円の買い物をリボ払いの1万円コースで24回払いした時に支払い総額は23万1,576円です。

上記の2つの画像を比較すると手数料率の高いリボ払い(実質年率15%)が手数料率の低い分割払い(実質年率14,9%)を返済総額で下回っているという現象が起きています。

支払い回数は同じ24回ですが、分割払いよりもリボ払いの方が安い返済総額になっています。

リボ払いでの返済というと、「高額な返済になって怖い」というイメージがありますが、このようにシュミレーションサイトを使って調査するとリボ払いも安心して利用できるだけでなく、実は分割払いよりもお得になる場合もあります。

 

ポイント倍率の高いリボ払い専用カードのポイントだけをもらう方法!

リボ払い専用カードはポイント2倍であったり、旅行傷害保険や総合動産保険が付帯していたりと各クレジットカード会社手厚いサービスを付帯しています。

リボ払いでなければ非常にお得ですが、リボ払い専用カードでもポイントだけを上手く貰う方法があります。

それは「基本返済総額を1回の返済金額よりも上げることで、実質返済回数を1回にすること」です。例えば、学生さんが2万円の買い物をした場合、リボ払いの返済基本金額を2万円や3万円に設定することです。そうすればリボ払いは実質1回払いとなります。

初回手数料0円のリボ払い専用カードならば、手数料無しの返済になるため「一括払い」と変わらない方法でポイントだけ2倍分を得ることができます。

注意して欲しいことは、1回で返済できない金額(返済金額よりも利用代金が多い)であれば通常のリボ払いと同じなので、手数料がかかるようになってしまいます。そのため、この1回の返済金額を上げるときの注意点は1回の返済金額以上のカード利用は手数料がかかるのでお得にならないということです。

もしリボ払い専用カードを使っている学生さんは、このように1回の返済金額を上げて、クレジットカード利用代金を低く抑えていられるならば大変お得です。