クレジットカードの遅延や延滞・滞納が怖い学生さん向け!防止策と延滞をした場合の注意点を解説!

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生さんがクレジットカードを延滞しないための防止策と対処方法を解説!

クレジットカードを延滞しないための防止策の画像

学生さんはクレジットカードを延滞しないために覚えておこう!

クレジットカードの料金を引き落としできずに、支払いが延びることを「延滞」と言います。

カード会社に延滞として処理されるとその記録が信用情報に延滞として残ります。

信用情報に延滞が記録されるとクレジットカードの発行や更新時、ローンの申し込みが難しくなることがあるため、「延滞」はできるだけ避けるべきと言えます。

今回は学生さんが延滞や滞納をしないための防止策を紹介します。

延滞・滞納をしないための学生さんができる防止策

ここでは学生さんが延滞や滞納をしてしまう原因を考えて、それらを解決できるような防止策を紹介していきます。

引き落としミスを防ぐだめにクレジットカード引き落とし口座をバイト代の振込口座にする

バイト代の振込口座とクレジットカード代金の引き落とし口座を一緒にすること、これが1番延滞をしないために確実な方法で、入金のし忘れを防ぐ最善策です。

注意点は『バイト代の振込日』が『クレジットカード代金の引き落とし日』よりも前にあることが前提です。そうしなければ、引き落とし日当日に引き落とし口座に必要な金額が入っていないという最悪の事態になってしまいます。もし、バイト代の振込日が引き落とし日よりも後の場合は「クレジットカードの引き落とし日」を変更する手続きを取ることが必要です。

引き落としミスを防ぐだめに入金は引き落とし日の5日前に済ませる

クレジットカードの利用代金を入金したのに引き落とされなかったなどの相談が学生さんや社会人でも多くあります。クレジットカードはシステムの関係で、クレジットカード利用代金は何時に引き落としをされるのかが不明なため、当日入金は引き落としがされない可能性があり、大変危険です。

また、引き落とし日が土曜日曜祝日の場合については引き落とし日は基本的に前倒しはされません。これは金融機関の営業日にクレジットカードの利用代金が口座から引き落としされるためです。つまり、引き落とし日が土曜日であっても前日に引き落としされるわけではないんですね。

入金ってつい面倒くさくて先延ばしにしやすいことですが、入金ミスで延滞になると困るので5日前には引き落とし口座に入金しておくようにしましょう。

使い過ぎて払えない学生さんは、あとから分割払いやあとからリボ払いを利用する

「あとから分割払い」や「あとからリボ払い」とは、一度クレジットカードで決済した代金をあとから分割払いやリボ払いに変更できる仕組みです。全てのクレジットカード会社が採用しているわけではなく三井住友カード、ライフカード、dカードなどの一部のクレジットカード会社で利用可能です。

「あとから分割払い」や「あとからリボ払い」を利用すると、一括払いや2回払いなどで決済したが、高額で支払えない利用代金を分割やリボにできるため、支払いまでの時間的な猶予が生まれるだけでなく、1回あたりの支払い金額が下がる金銭的な猶予も発生します。そのため利用代金が支払えないために延滞してしまったという状況を避けることもできます。

注意点は「あとから分割払い」や「あとからリボ払い」は、引き落とし日何営業日前までに手続きを行なう必要があることや何万円以上の利用代金が対象になるなどの条件もあります。これらの詳細については以下のリンクに詳細をまとめているので合わせて読んでみて下さい。

学生さんも使う機会が多い『あとから分割払い』『あとからリボ払い』を解説!クレジットカードで絶対に覚えておきたい知識です!
学生さんも使う機会が多い『あとから分割払い』『あとからリボ払い』を解説!クレジットカードで絶対に覚えておきたい知識です!
クレジットカードを使いすぎてしまった学生さんは絶対に覚えておこう!いつか役立つ『あとから分割払い』『あとからリボ払い』を解説! 『...

延滞を防止するために役立つ通知サービス

クレジットカード会社によっては延滞の防止に役立つサービスを行なっている会社があります。そのサービスの一部を紹介します。

延滞や遅延を防止するためのサービス
サービス 効果 解説
『あとから分割払い』/『あとからリボ払い』サービス  一括払いや2回払いの利用代金を引き落とし前に分割払いやリボ払いに変更できる。
支払い日メール通知サービス その月の支払い日をメールで通知。
支払い金額通知メールサービス 支払い金額をメールで通知。
カード利用通知サービス カード使用時にメールで通知。
設定上限金額通知サービス クレジット利用金額が設定した金額を越えるとメールで通知。
リマインダーアプリ 設定した曜日になると通知してくれる。
支出管理アプリ 毎月の利用額を管理できる。

引き落とし日が心配な学生さんは、カード引き落とし日通知サービスを利用する

クレジットカードのカード引き落とし通知サービスを利用すると、引き落とし日や引き落とし金額の案内をEメールなどで受け取ることができます。クレジットカードの引き落としができない理由には、入金金額の不足のほかに入金忘れもあります。

入金忘れをした場合、遅延や延滞などどのように処理されるかはカード会社によって分かれますが、基本的には延滞という状況になってしまいます。入金忘れは大きな問題ですから、そのようにならないためにもカード引き落とし日通知サービスを利用しましょう!

学生さんも必須!便利なクレジットカードの『引き落とし日通知サービス』を利用しよう!
学生さんも必須!便利なクレジットカードの『引き落とし日通知サービス』を利用しよう!
クレジットカードの『引き落とし日通知サービス』で学生さんも便利!延滞を防止したり、利用代金がわかったりと役に立ちます! クレジット...

引き落とし日を忘れがちな学生さんは、カレンダーアプリを利用する

学生さんがスマホに入れているカレンダーアプリにクレジットカードの引き落とし日を入力することで引き落とし日を忘れないようにすることができます。可能ならばカード引き落とし日通知サービスも併用して利用し、『引き落とし日の数日前&カード名&金額』を入力するとベストです。例えば、10月25日、三井住友、20,340円といった具合にカレンダーアプリに登録すると良いでしょう。

この時に大切なことは、引き落とし日に金額やカード名を入力するのではなく、引き落とし日の5日ほど前の日付に入力することです。クレジットカードの引き落としは当日に入金すれば良いのではなく、当日にお金が入っている状態であることが大事で、それは引き落としのシステムによってどの時間帯で引き落としをされるかがわからないからです。

確実に引き落としをされるために、5日前には入金しておくべきます。

お金がない学生さんは、親にお金を借りる

親にお金を借りてクレジットカード利用代金を支払う方法です。クレジットカードは延滞や滞納してしまうと信用情報に掲載され一定期間ローンなどが通過しなくなります。もしかすると親御さんは「使い過ぎてしまった時の反省を社会勉強代」として立て替えてくれるかもしれません。

もちろん親に借りる場合には、借用書を書くなりしないといけないでしょうし、しっかりと返さないといけません。

お金がない学生さんは、他社キャッシングを利用する

キャッシングを利用すれば、その時点で現金が手に入るのでクレジットカードの引き落とし口座に入金すれば利用代金を支払うことができます。しかし、本質的には借金の移動があっただけで、解決にはなっていません。何かの理由があり、バイト代の支払いが遅れた場合などの緊急事態の時に利用して下さい。

もし遅延や延滞・滞納してしまった時の対処方法

自分から連絡する

カードの延滞や遅延をしてしまった際には自分から連絡することがベストです。もちろん放っておけばカード会社から連絡が来ますが、その前にこちらから連絡し支払いの意思を示すことが大事です。

利用金額を管理・確認できるアプリをインストールする

一度延滞や遅延をしてしまった学生さんは今後、延滞をしないようにすることが大事です。入金不足の防止や口座への入金忘れ予防のためにアプリをスマホにインストールしましょう。スマホアプリではオートログイン機能が付いており、『クレジットカード利用代金』『支払い予定日』などが一目で確認できるだけでなく、請求のプッシュ通知などもしてくれます。

支払いの状況をすぐに確認できることもあり、学生さんは自分が使っているクレジットカードのスマホアプリは絶対に入れておきましょう!

学生クレジットカードのスマホアプリと会員専用webサイトを一挙紹介!
学生クレジットカードのスマホアプリと会員専用webサイトを一挙紹介!
学生さんは、クレジットカードのスマホアプリと会員専用webサイトを効率的に使おう! 学生さんはクレジットカードを発行したら、まず自...

バイト代の振込日より引き落とし日が前の場合、引き落とし日の変更をする

学生さんはクレジットカードの引き落とし日を変更できることを知っていますか?スマホアプリまたはカードデスクへの電話または無料会員webサイトから変更できます。

バイト代でクレジットカードの利用代金を支払っている学生さんは、バイト代の振込日以降にカード利用代金の引き落とし日がくるように設定しましょう。そうすることで随分と楽に支払いができるようになります。

主にバイト代でクレジットカード利用代金を支払っていると、カード利用代金の引き落とし日がバイト代振込日より先に来てしまうと、支払いにくいからです。

社会人でも学生さん同様に、収入が振込まれる日より先にカード利用代金を支払うことは難しいです。そのため給与振込日に丁度いい、引き落とし日を選択しています。

学生さんは【バイト代の給与振込日以降に】カード代支払い日を設定すると遅延や延滞を防ぐために効果的です!
学生さんは【バイト代の給与振込日以降に】カード代支払い日を設定すると遅延や延滞を防ぐために効果的です!
引き落としミスを防ぐために最適!学生さんはバイト代の振込日以降にクレジットカードの引き落とし日を設定しよう! 学生さんはクレジット...

延滞をしてしまった学生さんは、そのカードは使い続ける

「延滞をしてしまったからもうカードは解約しよう…」と考えることはありません。むしろ、カードは使い続けた方が良いと言えます。確かに延滞があり、それがクレジットカード会社に延滞と処理されれば、信用情報機関に登録される信用情報には「A」が記載されます。(Aは延滞の意味)

しかし、延滞をしてカードを解約するよりも、その後のクレジットカード利用代金はしっかりと支払い続けて「$」($は期日までに支払いがされたという意味)が記載された方が印象が良いのです。

クレジットカード会社やローン会社は、新規発行時や更新時に信用情報を確認して審査を行ないますが、その際に延滞でカード利用が終わっているよりも、長年のカード利用の中で1回延滞があったという方が良いのです。

もちろんカード会社によって審査基準は異なりますが、延滞があってもカードを小額でも利用して支払いをした方がクレジットカード利用実績として積み上がっていくのです。学生さんはここをよく覚えておきましょう。

学生さんのおすすめクレジットカード!【基礎知識も全解説!】では大学生のクレジットカードの紹介をしています。

これからクレジットカードを選ばれる学生の方は参考にどうぞ。

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする