学生さんは絶対やっちゃダメ!クレジットカードのショッピング枠現金化を解説!

基本情報

学生さんは絶対に知っておきたいクレジットカードの「ショッピング枠の現金か」について解説!

学生クレジットカードのショッピング枠の現金化の画像

学生クレジットカードのショッピング枠の現金化は絶対に止めよう!

学生さんはクレジットカードのショッピング枠の現金化って知っていますか?実は以前からクレジットカードの問題として認識されており、クレジットカードを利用する社会人や学生さんの間で問題になっています。今回はクレジットカードのショッピング枠の問題を解説していきます。

 

 

学生さんは知っておこう!クレジットカードのショッピング枠の現金化ってなに?

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、このショッピング枠を現金化して換金してしまうということです。
本来であれば商品やサービスを購入して後払いするのですが、ショッピング枠が現金化される、つまりお金になってもらえるので多重債務に陥っている方や現金に困っている人で利用する人が多くいます。

どんな方法でクレジットカードのショッピング枠現金化をするか知っておこう!

では、どんな方法でショッピング枠現金化をするかを解説します。ショッピング枠現金化には主に2種類の方法があります。

キャッシュバック方法

この方法は価値のない商品をクレジットカードで購入させて、その利用代金の何割かをキャッシュバックする方法です。例えば、現金化業者が「10万円の商品を2万円で買ってください。8万円を後日キャッシュバックします。」と言って、学生さんが「それなら買おう!」と買った場合、手元に商品が残り、ショッピング枠は10万円の利用をしたことになります。そして、後日8万円が現金化業者から支払われるというものです。

手数料方法

この方法は商品を購入させて、すぐに業者に返品すれば、その手数料を差し引いて残った代金をすぐに支払うよというものです。たとえば、現金化業者が「10万円の商品を買ってすぐにこちらに返品してくれれば、手数料2万円を差し引いた8万円を現金化して支払います」という場合です。学生さんが「それなら買おう!」と買った場合は、10万円をカード利用して、商品を購入すぐに返品して、手数料2万円を差し引いた8万円を受け取るというものです。

クレジットカードの現金化は損をする!

上記の「キャッシュバック方法」「手数料方法」で説明した通り、クレジットカードの現金化は損をします!クレジットカードの現金化は手元に現金が手に入っても、手数料を引かれたりやキャッシュバックされる金額が100%でないため、必ず損をします。クレジットカードの利用代金はショッピング枠一杯まで残高がふくらみ、手元に残る現金が数割なので借金が借金を呼ぶ状態になってしまいます。

お金に困って現金化をする人がいますが、現金化をするとさらに借金が増える仕組みにもなっているのです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化を現金化すると?

インターネットのwebサイトでもクレジットカードの現金化と調べると「クレジットカードの現金化サイト比較」や「今すぐクレジットカードを現金化できます!」などのwebサイトが出てきますが、クレジットカード会社は『クレジットカードの現金化』を認めていません!←重要!

そのため、クレジットカードのショッピング枠現金化をしてしまうと、クレジットカード会社からカード利用の停止強制解約などの措置をとられてしまう可能性があります。その際にショッピング枠を現金化した分の一括請求での支払いを要求されることもあり、カード会員にとってはクレジットカードの現金化にメリットはないと言えます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は危ない?

クレジットカードの現金化については、その内容からトラブルに巻き込まれてしまう方も多くいます。例えば、クレジットカードの個人情報(顧客情報)を連携している業者に流したり、商品を買わせた後のキャッシュバックをしなかったりと様々な手口が報告されています。悪質な業者も多いことから学生さんは絶対に利用しないようにしてください!

クレジットカード現金化に【実際に行った体験談】

こちらに実際にクレジットカード現金化に行った体験談があります。
質素な空間で、男女2人がおり、新幹線の切符を購入して何十%かを換金してもらうという方法を説明されるということです。
この話では途中に怖いおじさんとかが出てきますが、クレジットカード現金化に行った実際の話としては参考になりますので見ておいても良いと思います。

 

これからクレジットカードを選ばれる大学生の方は、学生さんのおすすめクレジットカード!【基礎知識も全解説!】も参考にどうぞ。

こちらでは大学生に定番のクレジットカードやおすすめのクレジットカードも合わせて紹介しています。