家族カードってなに?クレジットカードの審査に落ちた学生さんは家族カードを使おう!

基本情報

家族カードってなに?クレジットカードの審査に落ちた学生さんは家族カードを作る選択肢もあります!

学生さんが使える家族カードの券面画像

家族カードはクレジットカードの審査に落ちた学生さんにおすすめ!

クレジットカードの審査に落ちた学生さんは「家族カード」と作るという方法もあります。家族カードは自分名義のクレジットカードではないので、作りやすいといえます。今回は家族カードについて解説していきます。

家族カードとは?

家族カードとは、クレジットカードの本会員である家族が発行できるクレジットカードです。例えば、父親がクレジットカードを持っており、息子や娘である学生さんが本会員である父親の家族カードを作るという形になります。

クレジットカードの審査は原則として本会員が見られますので、家族カード発行者の学生さんの審査は必要ない*1ことも特徴です。そのため学生さんがクレジットカードの入会審査に落ちても、家族カードなら簡単に発行することが可能です。

 

*1 一部審査あり

家族カードを作れる人と作れない人

家族カードは原則『本会員の配偶者、親、高校生を除く満18歳以上の子供であり、生計を同一していること』が条件になっています。つまり、学生さんの両親が本会員のクレジットカードの家族カードを持つことが可能であり、また結婚をしている学生さんは配偶者の家族カードを作成することもできます。

また生計を同一にするとありますが、学生さんが実家住みで大学などに通学している場合はもちろん、地方や都会で学業のために独り暮らしをして仕送りを貰っている学生さんも生計を同一にする家族として扱われますので、家族カードの発行が可能です。

家族カートと本会員カードの大きな違いはなに?

家族カードと本会員カードの違いは家族会員は『本カード会員のカードを一部を利用している』という点です。学生さんが自分名義で申し込んだ本会員カードではなく、両親などのカードの家族会員として利用しています。

そのためクレジットカードを利用した際のクレジットカードヒストリーやポイントなども原則、本会員のものとして扱われます。

家族カードのメリットは?

原則として家族カードの申し込みには審査がいらない

家族カードの発行には原則、家族カード申込者の審査がいりません。既に本会員がカード審査に通過しているならば、本会員の信用情報に問題はないため、学生さんの家族カードの審査はほぼ通過します。

しかし、学生さんが以前その家族カードを発行するカード会社で金融事故を起こしている場合は審査に落ちることもあると言われます。

年会費無料の家族カードが多い

家族カードは本会員カードと異なり、年会費無料が多いことも特徴です。1枚目は無料であったり、初年度無料であるなど多種多様です。

保険の付帯

各カード会社によって異なりますが、家族カードも本会員と同じ保険を利用することができます。つまり、家族カードを発行する学生さんのご両親がプラチナカードやゴールドカードならば、海外国内旅行傷害保険や総合動産保険などの補償内容や補償金額が同じ保険を利用することができます。

これならば保険が不足している学生専用カードや一般カードを利用するよりもお得であることがわかります。

ポイントが貯まる

家族カードの利用でも各カード会社が定めたポイントが貯まります。貯まったポイントは本会員と合算されて積算されます。楽天カードでは本会員と家族会員のポイントを分けて貯めることができます。

各カード会社によって多少異なりますが、ポイント制度も本会員と同じ制度を扱われます。例えば、ライフカードでは本会員の誕生月であれば家族カードの利用分のポイントも5倍ポイントになります。

女性向けカードでも持てる

男性の学生さんの母親が女性専用カードを利用していても、家族カードは発行することが可能です。家族カードは同じデザインのカードではなく、各カード会社が統一した家族カードを発行します。そのため学生さんの母親がピンク色のカードを持っていても、同じデザインのカードが発行されるわけではないので覚えておきましょう。

家族カードのデメリットは?

信用情報(クレジットカードヒストリー)が貯まらない

家族カードの利用状況は、引き落とし口座が本会員と同一であり、本会員のカード利用履歴として記録されますので、学生さんが家族カードを使っても学生さんの信用情報(クレジットカードヒストリー)が蓄積されることはありません。

そのため、審査に通らない学生さんが利用することは問題ないのですが、自分名義のクレジットカードを作れる場合は自分のカードを発行して信用情報を蓄積する方が将来のローン発行時などに審査するだけの信用情報があるため有利です。

信用情報に異動情報や延滞履歴が多い(通称ブラック)も困りますが、クレジットカード利用が全くない(スーパーホワイト)も同じく困ります。家族カードでは学生さん本人の信用情報が蓄積されないことを覚えておきましょう。

使い過ぎ注意!家族カードは本会員と同じ口座で引き落としされる

家族カードは原則本会員と同じ口座から引き落としされます。学生さんが家族カードを利用しすぎて口座引き落とし日に利用代金が支払われない場合は、遅延や延滞になってしまいます。そしてその履歴は本会員のものとして残りますので、途上与信などの際に最悪の場合は本会員の利用限度額の減額や更新の停止などにも繋がります。

家族カードは本会員である学生さんの両親の一部を使っているという認識を持って利用するようにしてください。

枚数制限がある

家族カードは各カード会社によってそれぞれ発行枚数に制限があります。つまり、学生さんのご家族が大家族の場合、すでに限度枚数に達している可能性があります。その場合はカード会社に相談するか、家族カードを諦めてデビットカードやプリペイドカードなどのカードを発行することもおすすめです。

利用明細書がまとめられるので本会員に買ったものがバレる

家族カードの場合、本会員に郵送される明細に家族カードで買ったものも記載されますので、学生さんが購入した明細もバレてしまいます。例えば、三井住友カードではVpassという会員webサイト上で本会員が家族カード会員の利用明細を確認できますし、逆に家族カード会員は本会員の利用明細書を確認できません。

家族カードでの購入履歴は本会員にバレることを覚えておきましょう。

利用可能枠は本カード会員の利用限度額枠内である

家族カードの利用限度額は本会員の利用限度額内に収まることが必須です。例えば、本会員の利用限度額が100万円の場合は家族カードの利用限度額が100万円ということではなく、本会員と家族会員を合わせての利用限度額が100万円ということになります。

言い換えれば、本会員の利用限度額から本会員が普段利用する金額を差し引いた金額がだいたいの利用限度額と言えます。もちろん、カード利用金額は学生さんが支払える程度に抑えるようにしてください。

ポイントは本会員に合算される(楽天カードでは分けられる)

家族カードで貯めたポイントは基本的に本会員と合算されます。そのため学生さんが家族カードを利用してもポイントは本会員のものになってしまいます。楽天カードでは、本会員と家族カードでのポイントを分けることができますので、ポイントを貯めて自分の好きなものと交換したい学生さんは、両親が持っているどのクレジットカードの家族カードを作るかを事前に考えた方が良いでしょう。

家族カードの作り方は?

家族カードは『カード発行時に同時に申し込む』または『追加で申し込む』方法の2種類があります。学生さんは本会員の家族カードを発行するので、基本的に両親が使っているクレジットカードの家族カードを追加発行するという形になります。

家族カードの発行方法は、各カード会社によって多少異なりますが、『会員webサイトにログインし家族カードを申し込む』か『資料請求して申し込む』2種類があります。どちらも必要な情報を申請してから原則、2週間から3週間ほどで家族カードが郵送されてきます。

学生さんが家族カードを持つ上での注意点は?

家族カードは本会員と同じ引き落とし口座から支払われることと利用限度額が本会員と家族会員で共有されるため、自分が支払えない金額以上を使わないことが重要です。

上記で述べた通り、延滞や滞納になった時は本会員の利用履歴として記録されますので、ローンやクレジットカードの限度額、新規発行に影響がでます。

本会員が学生さんの場合、家族カードは作れる?

原則作れません学生さんが本会員で家族カードを作れるとすれば、「学生さんに配偶者がいる」場合です。三井住友カードでは、学生さんに配偶者がいる場合は家族カードの発行が可能です。

家族カードは持ちたくないという学生さんはどうする?

家族カードを持ちたくない学生さんは、デビットカードやプリペイドカードを発行することがおすすめです。1番は自分名義のクレジットカードを持つことですが、それが出来ない場合はデビットカードやプリペイドカードで代用することがおすすめです。デビットカードやプリペイドカードについては以下で解説しています。

 

家族カードが使えるクレジットカードは?

原則として、ほとんどのクレジットカードで家族カードを用意しています。以下のリンクでは学生さんが使えるクレジットカードで家族カードがあるカードを紹介しています。学生さんが社会人になり結婚した時に『お嫁さんや旦那さんに家族カードを作れるのか』どうかという視点で参考にしてください。

 

学生結婚をして家族カードを発行したい学生さんは?

学生結婚をした学生さんで配偶者の方に家族カードを発行したい場合は「三井住友カード」を利用すると良いでしょう。三井住友カードは本会員が学生さんでも配偶者の方のみ家族カードの発行が可能です。JCBなどでは本会員が学生の場合は家族カードの発行ができないので学生結婚をした学生さんや考えている学生さんはどのクレジットカード会社を利用するかも考えた方が良いでしょう。