学生が利用するクレジットカードを1枚にまとめる5つのメリット

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生が利用するクレジットカードを1枚にまとめる5つのメリット

学生さんこんにちは。今回は『学生が利用するクレジットカードを1枚にまとめる3つのメリット』の紹介です。1枚しかクレジットカードを持っていない学生さんも、複数枚所持している学生さんもカード利用を1枚に絞ることで得られるメリットがありますのでぜひ覚えておいて下さいね。

学生さんがクレジットカードを1枚にまとめる5つのメリット解説画像

学生さんは1つのカードに絞って使うと数多くのメリットがある

支払い管理が楽になる

普段利用するクレジットカードを1つにまとめるメリットは『支払いの管理が簡単に楽になること』です。クレジットカードは支払い回数によって手数料が必要だったり、引き落とし日が休日ならば翌日になったりと意外と管理が面倒な面があります。さらにカードを複数枚使用していれば支払い金額や引き落とし日の把握が複雑になるので手違いを興してしまうこともあります。しかし、1枚のメインカードに絞って利用すると引き落とし額や口座の管理、利用可能額の把握などが容易になり、支払い口座の間違えや金額の不足を避けられます。また自分が普段どれほどのカード利用をしているのかを把握することができるので経済的にも良いといえます。

ポイントが貯まりやすい

カードによってA店ではポイント2倍、B店ではポイント3倍などありますが、ポイントには有効期限があるんです。この期限を過ぎるとポイントは消滅してしまいますので、それぞれのカードのポイントを貯めるよりも1つのカードに絞った方が、ポイントが消滅しないうちにギフトカードなどに交換できる可能性が高いです。そのカードのポイント有効期限までにポイントを交換できるか計算してみましょう、もしポイントを消化できないならばそのカードのメリットは少ないといえます。

信用が蓄積する(クレジットカードヒストリー)

これは口座の管理が簡素になるため支払いの遅延や延滞のリスクを避けられるということです。クレジットカードの利用履歴は信用情報として残されますので、1枚のカードに絞るだけで延滞や遅延は避けやすくなります。一度、延滞や滞納をすると信用情報に事故情報が掲載されてしまいます。そうなると、クレジットカードの新規申し込みや更新だけでなく、自動車ローンや住宅ローンの際にも悪影響が出てしまいます。

不正利用の発見がしやすくなる

クレジットカードで不正利用がされた場合、カード会社から連絡が来ることで発覚することがありますが、多くの場合はクレジットカード利用者が利用明細書を確認することで不正利用が発覚します。そのためクレジットカードの管理枚数は少ない方が不正利用を見つけやすいと言えます。

つまり、クレジットカードを複数枚使用している場合は、自分が使っている分だけの利用明細書を毎月会員用webサイトにアクセスして確認しないといけません。そうでないと不正利用を見逃してしまうことも多くなってしまいます。3枚クレジットカードを利用している場合は3枚分の利用明細書を確認し、金額や利用先をチェックしないといけないのです。

そう考えればクレジットカードは1枚持ちの方が管理が簡単で、不正利用が発見しやすいといえます。

ゴールドカードのインビテーション(招待)が来やすくなる

クレジットカードにはインビテーション(招待)といってクレジットカード会社が自社のカード利用金額の高い優良顧客に対して、ゴールドカードやプラチナカードの利用を招待するということがあります。クレジットカード会社が考える優良顧客とは、延滞や遅延等の事故情報がないことはもちろんですが、クレジットカード利用代金の高い方が当てはまります。

言い換えれば、将来インビテーションをもらうために学生さんが優良顧客になるにはクレジットカードの利用代金を高くしなくてはいけません。そのためには頻繁に利用するクレジットカードを1枚にまとめることが唯一の近道になります。複数枚のクレジットカードを利用すれば使える金額も分散してしまうので、1枚あたりの利用金額は必然的に低くなりますから、インビテーションが来る可能性があるカードを集中的に使うと良いでしょう。

おまけ:私のメインカードとサブカード

私の場合は三井住友VISAデビュープラスカードをメインカードに使用し、ポイント5倍の誕生月にライフカードを使用することでポイントを貯めていました。なぜなら、ライフカードはポイント有効期限を最大5年間まで延ばせるので誕生月に10万円を利用するだけで、50万円利用した分のポイント(500ポイント)が貯まるからです。翌年も誕生月に10万円のライフカード利用があれば50万円利用した分のポイント(500ポイント)が貯まります。これで2年間で1000ポイント=5000円分の価値が得られます。誕生月までに貯金をして、誕生月にパソコンや家具などの高額な支払いをするだけでこのようにポイントを貯められます。

ポイント2倍のデビュープラスはライフカードの誕生月5倍よりもポイントを貯めるのに時間が必要なのでメインカードとしたわけです。日々の買い物などは常時ポイント2倍のデビュープラスを使ったことですぐに貯められます。デビュープラスはポイント2倍なので、55万円の利用で110万円利用と同じ分のポイントが貯まるので、55万円で1100ポイント貯まり、三井住友カードは1100ポイントで5000円のギフト券と交換できます。

55万円は1ヶ月あたりで言うと、4万5833円利用すれば貯めることができます。4万5000円くらいならば学生さんの1ヶ月の生活費以下(定期券や家賃等)なのでクレジットカード利用にするだけでもすぐポイントが貯まります。

このようにクレジットカードの2枚持ちにも1枚持ちにはないメリットがたくさんあります。以下のリンクでは2枚持ちのメリットやデメリットも解説しています。学生さんは1枚持ちでも2枚持ちでも、それぞれのメリットやデメリットを理解した上で自分に合う方を選ぶと良いでしょう!

心配性な学生さんは複数枚持とう!クレジットカードの2枚持ちのメリットとデメリットを解説!
心配性な学生さんは複数枚持とう!クレジットカードの2枚持ちのメリットとデメリットを解説!
学生さんのクレジットカード2枚持ちのメリット&デメリットを紹介!複数枚持ちは安心です! 既にクレジットカードを1枚持っている学生さ...

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする