骨折で2000万円?!外国に行く学生さんはクレジットカードの海外旅行傷害保険をかけておこう!

基本情報

海外旅行に行く前に覚えておこう!外国の医療費はすごく高いから保険を忘れないように!

海外の医者の画像

海外で治療を受けると自己破産レベルの高額な支払いを請求される。

実は最近Twitterで興味深い投稿がありました。海外旅行での治療費に関する情報です。

テキサスで骨折したら2000万円請求されて破産寸前になった
アメリカで無茶するな

これによると外国で骨折をして手術をしたところ2,000万円の請求が来たとのことです。海外では日本の国民健康保険は使えないため、保険に入っていないと実費診療になります。日本では、ちょっとお医者さんに見てもらっても数千円ですが、これは健康保険があるおかげです。

海外では医療費はどのくらい?

海外では病気やケガをすると高額な医療費を請求されます。以下は海外での病気やケガによる入院・手術での支払い金額です。もし保険がない場合にはこれらの金額が学生さんの自己負担になります。

内容 支払い金額
イギリス 気胸により25日間入院・手術 958万円
バチカン市国 大腿骨頸部骨折で14日間入院 951万円
スイス 腰椎骨折で12日間入院 1,259万円
オランダ 大腿骨頸部骨折と12日間入院・手術 501万円
ハワイ 骨折と7日間の入院・手術  830万円
アメリカ スポーツによる鎖骨骨折  579万円

ジェイアイ傷害保険株式会社の2015年度の事故例をもとに作成。

外国での治療費は非常に高額だとわかります。日本では数十万円で済むものでも海外では自己破産レベルの金額を請求されます。現地で体調を崩すこともあり、食生活や衛生環境が日本とは違うので、病気や症状が出ることも充分考えられます。

 

海外旅行前には民間保険と海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持っておくと良い!

海外旅行中に病気になった、ケガを負った場合は診察や治療、手術、入院などで高額な請求をされることがありますので、必ず民間の保険かクレジットカードの傷害保険が適用される条件で外国へ行ってください。特に長期滞在の場合は、絶対に必要です!

また学生さんが持っているクレジットカードでは最高補償金額が低い場合があります。できれば2,000万円ほどはあれば良いのですが、もし少ない場合は民間の保険に入っておくことをおすすめします。