旅行前の学生さん必須!クレジットカードの『海外旅行傷害保険』を全解説!

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの『海外旅行傷害保険』を学生さんに全解説!補償内容から注意点まで覚えておこう!

海外旅行傷害保険の画像

海外旅行傷害保険は学生さんが覚えておきたいクレジットカードの保険内容です。

大学生の時は海外に行きたくなる時期ですよね。卒業旅行や留学などで初めて海外を旅行する学生さんもきっと多いでしょう。そこでクレジットカードの海外旅行傷害保険の説明と怪我や病気になり保険を使う際の流れと注意点について解説します。

海外旅行傷害保険とは何?

実はクレジットカードには海外旅行傷害保険という保険があることを知っていますか?海外旅行で「怪我をしてしまった」「病気になってしまった」「大事な持ち物が盗まれた」そんな時に診療費や入院費、盗難にあった持ち物の損害を補償してくれるのが海外旅行傷害保険です。日本国内ならまだしも、見知らぬ海外で怪我や病気になれば学生さんも不安でわからないことばかりですよね。そんな時はカード会社のサポートセンターに電話をすることで指定病院を教えてくれたり、保険金の請求に必要な事故証明や診断書の書類の案内、物を壊してしまった際の対物賠償責任の相談もできるので学生さんの助けになってくれます。不安が多い海外でも万が一に備えた安心感があるので楽しく過ごすことができるようになります。

国内旅行傷害保険を知りたい学生さんは以下のリンクで解説しています。

学生さんが海外旅行傷害保険に入るべき大きなメリットは?

学生さんが海外旅行傷害保険で得られる一番のメリットは『海外での不測な事態の心配が解消されるので、安心して旅行を楽しめるようになること』です。万が一の時の「医療的な補償」「金銭的な補償」「所有物の補償」をしてくれるんですね。具体的には以下の3つのメリットがあります。

  • 病気や事故などによる経済的な負担を補償してくれる(疾病・傷害の補償)
  • 他人の所有物を壊してしまった時などの賠償責任を補償してくれる(賠償責任の補償)
  • 海外に持って行った持ち物が盗難や破損にあった際に補償してくれる(携行品の補償)

海外では急性の病気にかかったり、事故にあって怪我をしてしまったり、何があるかわかりません。実はアメリカでは日本と異なり、盲腸の手術でも100万円は必要ですし、ホテルの美術品等の置物を誤って壊してしまった場合などでも高額な賠償を必要とすることがあります。

これらの高額な金銭を学生さんが負担することは難しいですよね。しかし、海外旅行傷害保険に入っていれば保険が負担してくれるので、安心して旅行に行くことができるのです。海外旅行傷害保険の有る無しでは大きく違うので入っておくのがオススメですよ。

どんな補償をしてくれるの?

主に5つの補償内容があり、「傷害(死亡・後遺傷害)」「賠償責任」「疾病の補償」「携行品の損害」「救援者の費用」が一般的です。カードやカード会社によって補償項目、補償内容は異なります。

  • 傷害(死亡・後遺障害)

旅行期間中に事故によるケガが原因で、事故日からカード会社が指定している期間内に生じた場合が補償対象となる。旅行期間中の治療費用や入院費、通院にかかる交通費などの費用も補償される場合が多い。

死亡時の補償は原則として、各クレジットカードの「海外旅行傷害保険最高○○万円補償」の金額だと思って良い。(注1)後遺傷害の補償は原則として、後遺傷害の程度などによって最高100%が補償金額となる。死亡・後遺傷害の補償金額は海外旅行傷害保険が適用されるクレジットカードを複数枚保有している場合、その中のカードの最高金額が適用されるため補償金額の合算はされない。(例:最高1億円補償のAカードと最高2億円補償のBカードを保有していても最高2億円を限度に補償される。)

(注1:一部のカードでは賠償責任の金額を最高額に定めている)

  • 疾病

旅行期間中に発病し、指定期間までに医師による治療を行なった場合の補償。診察費用や入院費、治療に関する諸費用を補償してくれる。

疾病・傷害保険の場合(死亡・後遺傷害を除く)は海外旅行傷害保険が適用されるクレジットカードを複数毎持っている場合、それらの補償金額を合算した金額が補償最高金額になる。ただし、それぞれのカード発行会社が異なることが必要。(例:発行会社Aの疾病・傷害治療最高300万円のカードと発行会社Bの疾病・傷害治療最高500万円のカードを保有している場合は800万円の範囲内で補償される)

  • 賠償責任

旅行中に他人の所有物を壊してしまった、人に怪我を負わせてしまい、損害賠償を請求された際に補償される。物品の補償額は保険会社の評価額に基づく場合が多い。

  • 携行品の盗難や破損の損害

旅行中に所有しているカメラや時計などの携行品が盗難や破損した際に受けられる補償。1点につき最高金額を定めたタイプと年間で受けられる補償額を定めたタイプがある。携行品の補償には1点あたりの自己負担金額が設定されている。置き忘れや紛失は保険対象外になる。現金は補償対象外になるため大金を財布に入れないように注意すること。

  • 救援者の費用負担

旅行中に死亡や入院した際に親族が救援のために負担した費用(交通費や宿泊費)を補償するものです。

海外旅行傷害保険を使うために絶対覚えておくこと。

自動で保険が適用される『自動付帯』と旅行代金を事前に支払うことで適用される『利用付帯』の2種類があります。『利用付帯』のカードは事前に旅行に関する費用を支払わないと適用されないため注意が必要です。

海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯のメリットとデメリットの比較画像

自動付帯ならば補償内容の確認を。利用付帯のカードならば事前に旅行代金の支払いが必須。

自動付帯

カードを旅行に持ち歩かなくとも、保有しているだけで保険の適用対象になります。自動付帯のカードには『賠償責任』や『携行品の損害』など補償対象外となっているカードがあるため海外旅行前に確認をすることや保険適用時にはカード番号やカード会社の電話番号などが必要になるため旅行にも持ち歩くことが大事になります。

利用付帯

旅行に関わる公共交通機関(除くタクシー)やツアー代金を事前にカードで支払った場合に適用されます。利用付帯のカードは持っているだけでは保険の適用対象になりません。また利用付帯の条件は各カード会社によって少々異なり、その条件を満たした場合のみ付帯されます。

では、学生さんはどちらのタイプがおすすめかと言えば、手続きや付帯条件がないため学生さんには自動付帯のクレジットカードをおすすめします。なぜかと言えば、自動付帯のクレジットカードを持っていれば保険が付帯される一方で、利用付帯の場合は「保険の適用条件」を満たしている必要があり、万が一その条件を満たしていない場合にはケガや病気になってから「保険が適用されなかった」というケースも考えられます。自動付帯のカードを使っていればこのような最悪の事態をさけることができます。

【海外旅行傷害保険の使い方】もし学生さんがケガや病気になった時の補償の流れ

クレジットカードの海外旅行傷害保険の使い方と補償の流れの説明画像

必ずカードデスクに連絡する必要があることを覚えておこう!

付帯されている保険の使い方を説明します。自動付帯・利用付帯どちらの場合であっても、カードを持って出国します。利用付帯のカードの場合は出国までの交通やツアー代をカード払いします。出国後に海外で他人の所有物の破損、ケガや病気になった場合、カード会社の海外サポート事務所に連絡します。また主要都市であれば現地デスクがある場合もあります。この際にカード番号や窓口の電話番号が必要ですのでカードは旅行に持っていくこと。そして無料で指定病院で診察、治療を受けます。帰国後に自己負担分を清算します。注意点は『病気やケガになった際にまず連絡をすること』『帰国前に保険の必要書類等があるかどうかサポートセンターに聞くこと』です。現地で手配する必要がある書類もあるので帰国前にサポートセンターに確認をします。

海外旅行傷害保険で多い注意点

  • 自動付帯保険でも賠償責任や携行品の盗難や破損の損害が適用されるか確認すること
  • カードを複数持っている場合は死亡・後遺障害保険は最高補償額のカードが優先される
  • 利用付帯保険はカード会社によって適用条件が違う
  • 怪我や病気の際の傷害保険は保険適用の複数カードがあれば合算される(発行会社が別であることが条件)
  • 携行品の損害保険は買った時の価格ではなく現在価格が適用される
  • 携行品の損害保険には限度額がある。また紛失や置き忘れは対象外。
  • 戦争や内乱による傷害や登山等の危険度の高いスポーツによる怪我は補償対象外になる
  • カードは旅行先にも持っていく(カード番号や電話番号が必要)

海外旅行傷害保険には上記のようなことを覚えておいて下さい。上記の項目は海外旅行傷害保険で注意が必要なことで、学生さんや旅行者の方が知らないまま海外に旅行したり、勘違いをしてしまいやすい項目です。

海外旅行傷害保険のデメリットとは?

海外旅行傷害保険のデメリットとは何でしょうか?唯一挙げるとすれば、保険の手続きが面倒なことです。海外旅行傷害保険の手続きでは、カード会社(正確には提携している保険会社)から送られてきた書類に必要事項を記入し、診断書などの関係する書類を提出することが必要です。どんな保険も同じことですが、この手続きが面倒です。しかし、手術等を海外で行なう場合は日本とは違い、数百万円も掛かってしまうことがあるため、それを考えればこの手続きに掛かる時間や手間は安いと言えます。

もし自分のクレジットカードに海外旅行傷害保険がついていない場合は?

まず自分のクレジットカードに海外旅行傷害保険があるかどうか確かめ、もし保険が付いていなければ一般の保険に加入することが必要です。

一般の保険に加入するべき例

  • カードに海外旅行傷害保険が無い、または補償内容が乏しい場合

例えば、ショッピング系カードなどにも海外旅行傷害保険が付帯されている場合がありますが、補償内容が乏しかったり、補償金額が少ないこと、または保険が無い場合もあります。

  • 留学や長期の旅行に出る場合

クレジットカードの海外旅行傷害保険の補償期間は1旅行に付き最大3ヶ月間(カードにより異なります)が限度です。留学や長期の旅行で出国する場合は、専用の海外旅行保険に入られることをおすすめします。

  • 保険内容を充実させたい場合

学生さんが持てるクレジットカードは一般のクレジットカードがほとんどです。一般クレジットカードでは『航空機遅延費用』『緊急歯科治療費』『弁護士費用』『テロ対策費用』などは補償されません。これらの補償を保険に追加したい場合は一般の海外保険に加入する方が良いでしょう。

海外旅行傷害保険が付帯している学生クレジットカードを紹介!

以下のリンクでは学生さんが使えるクレジットカードの中で海外旅行傷害保険が付帯しているものを一覧で比較しています。特にエポスカードや楽天カードが自動付帯で傷害治療・疾病治療の補償金額が高くておすすめです。

まとめ

海外旅行傷害保険を知っている学生さんと知らない学生さんでは海外旅行時のリスクが大きく違います。旅行に行く前に持っているクレジットカード(またはこれから持ちたいクレジットカード)の海外旅行傷害保険の内容を絶対に確認しましょう。また旅行前には各カード会社に電話での問い合わせやホームページを確認して安心して海外旅行に行けるようにしましょう。

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする