学生さんが使えるプリペイドカードってなに?知っておきたい基本情報を解説します。

学生さんが知っておきたい「プリペイドカード」とは?

プリペイドカードとは、クレジットカードと違い、与信審査がなく発行年齢が低いことが特徴です。

また支払い方法も異なり1回払いしかできないことがクレジットカードとは大きく違います。

今回はクレジットカードとプリペイドカードの違いなどについて簡単に解説していきます。

プリペイドカードとクレジットカードの大きな違いとは?

プリペイドカードとクレジットカードは同じようで大きく異なります。

ここでは違いを解説してみましょう!

比較早見表

プリペイドカード クレジットカード
審査 審査無し 与信審査あり
年齢制限 満12歳以上から(カード会社によって異なる) 満18歳以上から
ポイント 付く 付く
銀行口座の登録 不要 必要
利用可能枠 チャージした金額 与信範囲内
支払い回数 1回のみ 1回~分割・リボなど
引き落としのタイミング 利用と同時に引き落とし 口座引き落とし日
複数枚保有 可能 審査次第

 

クレジットカードとプリペイドカードの大きな違いをピックアップすると、『審査』『年齢制限』『支払い方式』です。

審査に関しては、プリペイドカードの方がクレジットカードよりも『作りやすい』と言えます。

クレジットカードには入会時に与信審査が必要であり、この審査に通過しないとクレジットカードを発行することができません。

一方、プリペイドカードは審査がないため登録情報さえ正しく入力すれば発行が可能です。

 

年齢制限に関しても、プリペイドカードの方がクレジットカードよりも『作りやすい』と言えます。プリペイドカードにはもっとも年齢制限が低いカードでは満12歳以上で発行が可能ですから、幅広い年代の方が作りやすいという点ではプリペイドカードの方が優れています。

支払い方式について言うと、プリペイドカードの方がクレジットカードよりも『安全』だが、クレジットカードの方が『便利』と言えます。

プリペイドカードは事前にチャージが必要なカードであるため、チャージされた金額以上は利用できません。

そのため後払いのクレジットカードのように使い込みをする心配がなく安全です。

しかし、見方を変えると、事前にチャージされた金額しか利用できないという不便さがあります。チャージした分の金額しか利用できないので借金をすることができない、これがプリペイドカードの弱点です。

注意点は「プリペイドカードに何を使ってチャージするか」ということは重要です。例えば、プリペイドカードにクレジットカードでチャージするとクレジットカード利用代金での請求(支払い)が来ます。

つまり、プリペイドカード事態はチャージした金額しか利用できないのですが、クレジットカードでチャージすると支払い代金はクレジットカード利用での請求が来るため自分の支払い能力を超えたチャージをすることはむしろ危険です。

 

学生さんが使える代表的なプリペイドカード

三井住友プリペイドカード

三井住友プリペイドカード

出典:https://www.smbc-card.com/prepaid/standard/index.jsp

三井住友カードのプリペイドカードは18歳以上であれば審査不要で発行できます。年会費も無料であり、ポイントも溜まることがメリット。

 

au walletプリペイドカード

au walletプリペイドカード

出典:https://wallet.auone.jp/contents/pc/first/

入会金や年会費も不要で発行できる審査なしのauのプリペイドカード。ポイントが溜まりますが、auとの契約が必要になります。

LINE PAYカード

 

手数料も年会費も無料で発行できるLINE PAYカード。使うたびに2%のポイントが溜まることがオススメポイント。銀行口座やコンビニなどからチャージができます。

 

dカード プリペイド

d-card-prepaid

出典:https://d-card.jp/prepaid/

dカードプリペイドは12歳以上であれば持てるプリペイドカード。ポイントが溜まるほか、審査不要で発行できる。こちらも申し込みにはdアカウントが必要。

 

ANA VISAプリペイド

ana visa prepaid

出典:https://www.smbc-card.com/prepaid/ana_all/index.jsp

15歳以上の方であれば申し込みができるプリペイドカード。特徴はポイントではなくANAマイレージクラブのマイルが溜まること。2017年現在では1,000円で5マイル溜まります。飛行機に乗る学生さんにはおすすめです。

 

エポスVisaプリペイドカード

エポスプリペイドカード

出典:https://www.eposcard.co.jp/prepaid/index.html

年会費や発行費用が無料のエポスのプリペイドカード。溜まったエポスポイントでチャージすることやエポスカードからのオートチャージも可能です。

 

オリコプリペイドカード

オリコカードプリペイドカード

出典:http://www.orico.co.jp/prepaid/about/

年会費や発行手数料が不要のオリコカードのプリペイドカード。溜まったオリコポイントからチャージすることができるほか、コンビニからのチャージもできることがポイントです。

Vプリカ(ネット専用)

vプリカ

出典:http://vpc.lifecard.co.jp/about/index.html

ネット専用のライフカードが発行するVISAのプリペイドカード。審査も不要で日本国内在住の18歳以上の方であればお申し込みができます。

楽天銀行プリペイドカード

楽天プリペイドカード

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/card/prepaid/

楽天銀行のプリペイドカードで16歳以上の楽天銀行口座を持っている方がお申し込みできます。審査無しで年会費無料で利用することが可能です。

大学生Aさん「クレジットカードとプリペイドカードどっちを作るべき?」社会人の私「クレジットカードを優先して作ります。」

この場合は「クレジットカードを優先して作るほうが良い」でしょう。

クレジットカードは後払いであるため手持ちが少ない状態でも利用できるため、使い勝手がとても良いのです。

また分割払いもできるため一括払いのプリペイドカードでは購入できない高額な商品も買いやすいことがクレジットカードのメリット。

もっと言えば、クレジットカードを利用すると利用する学生さんの「信用情報」が溜まっていきます。

 

この信用情報を溜められるのもクレジットカードならではですから、迷っている方は「クレジットカード」を発行すべきです。