学生は社会人になるとクレジットカードがランクアップすることを覚えておこう!

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来ゴールドカードを使いたい学生さんはクレジットカードのランクアップを利用すれば20代でゴールドカードを使えます!

大学生や専門学校の学生の方は将来社会人になって就職したらステータスの高い「ゴールドカード」を利用したという方もいると思います。「ゴールドカードって敷き居が高そうだな〜」なんて感じる学生さんもいると思いますが、実は20代でもゴールドカードは持つことができます。実を言うと、その方法は自分から申し込む方法以外に『ランクアップ』という方法で持つことができるんですね!

今回は「社会人になった後のクレジットカードのランクアップ」について解説していきます!

目次

ランクアップとは?どんなカードにランクアップ?

『ランクアップ』とは、学生さんが社会人になり就職した後に、それまで使っていたクレジットカードがゴールドカードへランクアップすることを言います。基本的には大学生や専門学生、短大生の学生時には学生専用クレジットカードを利用し、社会人になったらスタンダードカード(一般的なクレジットカードをいう)を利用、そして数年後にはゴールドカードにランクアップする流れです。

この時にランクアップするクレジットカードは、『プライムゴールドカード』という20代限定のゴールドクレジットカードです。『プライムゴールドカード』は、学生専用クレジットカードはもちろん、スタンダードクレジットカードよりも、さらにサービス内容の拡充や付帯保険の補償内容も手厚くなっていることが特徴です。さらに、ゴールドカード限定のポイントプログラムを整備していたり、空港ラウンジ無料サービスやゴールド会員専用の連絡用テスクを設置するなどクレジットカードの機能を大きく超えた特徴があります。

30代になるとプライムゴールドカードからゴールドカードへランクアップします。プライムゴールドカードを用意しているクレジットカード会社は20代限定のゴールドカード(プライムゴールドカード)と30代以上のゴールドカードの2種類を用意しています。ですから、いきなりゴールドカードへランクアップすることもあれば、まずプライムゴールドカードへランクアップして、それからゴールドカードへランクアップするケースもあるのです。

学生クレジットカードのランクアップの解説図

学生クレジットカード→プライムゴールド(またはゴールドカード)→ゴールドカードの順番でランクアップしていくことを覚えよう!

一昔前はゴールドカードの審査は大変厳しく、ゴールドカード持つことは非常に高ステータスでしたが、現在は各クレジットカード会社が20代限定のプライムゴールドカードを発行するようになってきています。プライムゴールドカードは多少ゴールドカードよりも劣る面はありますが、年会費が安かったり、ゴールドカードへの更新時にポイントプレゼントサービスなどお得な特典も数多く有ります。

どうすればランクアップできる?インビテーションやゴールドカードの案内が来るには?

クレジットカードのランクアップをするにはどうすればよいでしょうか?ランクアップには主に2種類の方法があります。1つ目は『自分からカード会社へ申し込むこと』です。この場合はカード会社のHPやゴールドカードの申し込み書類を取り寄せて自ら申し込みを行ないます。申し込み後はカード会社が審査を行い、通過すればゴールドカードが後日郵送されてきます。

2つ目の方法は、『インビテーション(招待)が来ること』です。インビテーションについては以下のページで詳細を説明していますが、簡単に言うとクレジットカードの利用額が高い方、または一定年齢以上になると自動的にランクアップするクレジットカードを持っている場合にインビテーションが来ます。

インビテーションがあるクレジットカードはこれ!

三井住友デビュープラスカードは三井住友プライムゴールドカードへランクアップ!

三井住友デビュープラスカード

出所:http://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus_biz.jsp

三井住友デビュープラスは26歳以降のカード更新時に「プライムゴールドカード」へランクアップするクレジットカードです。26歳以降のカード更新時なので26歳になれば誰でも届くというわけではなく、三井住友デビュープラスカードの券面に表示されている「カード有効期限」の1ヶ月前くらいから更新カードが届くはずです。例えば、カード有効期限の日付が27歳時であれば27歳以降の更新時にプライムゴールドカードが届きます。つまり、デビュープラスカードのカード有効期限の日付でおおよそのプライムカード到着時期がわかります。

三井住友プライムゴールドカード

出所:http://www.smbc-card.com/nyukai/card/prime_goldcard.jsp

しかし、プライムゴールドカードは誰でも使えるわけではなくプライムゴールドカードへの審査に通過した場合のみ使えます。審査に落ちた場合はデビュープラスカードからスタンダードカードのクラシックカードやアミティエカードへの更新になります。ちなみに私の場合は普通のサラリーマンでしたが、プライムゴールドカードへの審査には通過したので、就職をしている状態であれば審査に通過します。

エポスカードはエポスゴールドカードへランクアップする!

エポスカード

出所:https://www.eposcard.co.jp/index.html

エポスカードもインビテーションがあるクレジットカードとして有名です。エポスカードは年間50万円以上を使うと「ゴールドカードを使いませんか?」というゴールドカードへのインビテーション(招待)が届くと言われています。

私の場合は50万円以上は使っていませんでしたが、社会人のある日にエポスカードからゴールドカードへの切り替え書類が郵送されてきたため、内容を記入して返送したところ「エポスゴールドカード」が郵送されてきました。

エポスカードゴールド

出所:https://www.eposcard.co.jp/goldcard/main.html

エポスカードからエポスカードゴールドカードへランクアップすると嬉しいことは、『年会費が永年無料』になることです。エポスカードの場合は自分からゴールドカードを申し込んだ場合は5,000円前後の年会費が必要になりますが、インビテーションが来てゴールドカードを申し込んだ場合、年会費が無料になります。これを知っていれば、エポスカードを持っている学生さんや社会人の方はゴールドカードを自分で申し込むよりも、インビテーションを利用する方が大変お得だということがわかりますね!

ランクアップをした場合のメリットは?

ランクアップした場合のメリットですが、以下のようなことが挙げられます。

カード付帯保険の補償金額や補償範囲が充実し拡充される

ゴールドカードへランクアップするスタンダードカードよりも付帯保険の補償内容や補償範囲、補償金額が手厚くなります。一般カードでは海外旅行傷害保険が付帯されていなくとも、ゴールドカードでは付帯されているケースがほとんどです。

ゴールドカード会員限定の優待やサービスを受けられる

ゴールドカード会員限定の優待やサービスが受けられます。クレジットカード会社によって様々な企業や団体と提携しており、例えば三井住友プライムゴールドカードなら『relux』という宿泊予約サイトで3,000円引きの割引やエポスゴールドカードでは3つまでポイント3倍になるお店が選べる『選べるポイントアップショップ』などがあります。このようにゴールドカード会員になると割引やポイント付与が高くなる優待が多く、年会費以上のお得を享受することができます。

見た目が良いためステータスがある

ゴールドカードはやはり見た目が良いという特徴やステータス性を表す面が現在でもあります。あるニュースによると恋人や友人の前ではステータスの高いクレジットカードを使っている方もいるようです。

「友人といる際」「恋人といる際」「同僚といる際」「部下といる際」には「ステータス」を重視する傾向にあった。同僚や恋人と一緒のときは「ステータス重視」

ランクアップするメリットは、このようにゴールドカードを使える点でもあります。実際に20代でゴールドカードを使っていると、「おっ!コイツはもしや!?」と周りの人から羨望の眼差しで見られるかもしれません。

より良いカードを持つためのモチベーションになる

ランクアップするとスタンダードクレジットカードよりも優待やサービスが拡充します。そのため自分が社会人になったことの自覚や成長していることの確認にもなります。多くの人はより良いサービスを受ければ嬉しいと感じるので、ゴールドカードを持ったことで「将来はもっと良いカードを持ちたいな」という動機にもなります。

その動機がカード以外のモチベーションに繋がることもあります。例えば、仕事を頑張ったり自分でお金を稼ごうと考えたりすることがそれにあたります。

ランクアップをした場合のデメリットは?

ランクアップした場合のデメリットは以下のことが挙げられます。

年会費が高くなる

学生専用クレジットカードや一般クレジットカードは年会費無料のクレジットカードも多く有りますが、プライムゴールドカードやゴールドカードは年会費が2,000円〜10,000円ほどかかってしまします。

年間維持費が高くなるので5年や10年という年月で考えると、一般クレジットカードと比べて大変高額になります。もちろんその分のサービスや付帯保険の補償内容の充実はありますが、人によっては年会費を負担だと感じてしまうでしょう。

一部のゴールドカードでは年会費を安くすることや無料にすることもできます。例えば、エポスゴールドカードはインビテーションで年会費永年無料になりますし、三井住友プライムゴールドカードやゴールドカードでもweb明細の利用やマイペイスリボの利用で年会費をプライムゴールドカードで1,500円、ゴールドカードで4,000円まで抑えることもできます。

コストパフォーマンスが悪くなる場合も!人によっては必要ない付帯保険や使わない機能が付く

ゴールドカードになると「旅行傷害保険」の拡充や「一部店舗などの優待」で割引率やポイント付与率が上がることがあります。しかし、これは全ての人に必要というわけではなく、一部の人に嬉しい制度になっています。

学生さんは、ゴールドカードになって拡充されたサービスや保険が、将来の社会人になった時に「年会費のコストと比較してパフォーマンスが良いか」を比較して下さい。つまり、『支払っている年会費と受け取るサービスのコスパ』を自分の生活と照らし合わせると良いです。

例えば、海外旅行に全く行かない人が海外旅行傷害保険を持っていても意味がありません。また、一部のショッピング施設でのポイント優待や割引があっても、その施設へ行く機会が無い方の場合、優待の内容が無駄になってしまいます。

一般クレジットカードになく、ゴールドカードにある「そのサービス」が年会費分の価値があるかどうか、あるならばゴールドカードへランクアップしてのメリットがあり、なければランクアップするメリットはありません。

学生さんは社会人になったらランクアップをした方が良い!

ゴールドカードはやはり付帯保険やサービスの良さから「必ず持っておきたいカード」です。しかし、何枚も持つ必要はなく、1枚財布にいれておくと良いです。普段はポイントが貯まるクレジットカードなどを利用して、高額な商品の購入時や海外旅行へ出かける際にはゴールドカードで決済すれば付帯保険を付けることができるからです。

メインカードとして利用する必要はなく、セカンドカードとして持っておくと安心感が違います。もし1枚もゴールドカードを持っていない場合は最低1枚は持っておくことをおすすめします。

もしランクアップが嫌な場合はカードデスクに問い合わせれば一般カードを利用することも可能

社会人になった後にインビテーションやゴールドカードが更新カードとして届きますが、「やっぱり一般カードがいいな」と思った場合は、カードデスクに問い合わせることで一般クレジットカードを使用することが可能です。

  • インビテーションの場合:インビテーションはまず「ゴールドカードを使いませんか?」という案内書類が自宅へ郵送されてきます。その書類に必要事項を記載して返送すれば、ゴールドカードの申し込みになります。つまり、インビテーションの場合はこの申し込み書類を出さない限りは、カードデスクに問い合わせることは不要です。そのまま手持ちのクレジットカードが使えます。
  • カードの更新時にゴールドカードが届く場合は、古いクレジットカードのカード有効期限が切れていることが挙げられます。そのためカード会社がゴールドカードを郵送するのですが、この場合はカードデスクに連絡する必要があります。カードデスクに連絡後、一般カードが郵送されてくるので、既に届いているゴールドカードは処分してスタンダードカードを使います。

ランクアップができないのは何が原因?

ゴールドカードへのランクアップができない原因には3つあります。

1つ目は、延滞や滞納を繰り返している場合はそうとはいえません。カード会社の判断でゴールドカードへの更新や審査に落とされてしまうためです。最悪の場合はカードの利用停止や強制解約もありえます。

2つ目は、利用してるクレジットカードにランクアップする上級のクレジットカードが無い場合です。当然と言えば当然ですが、カード会社や提携カードによってはスタンダードカードが最上級である場合があり、それ以上のランクアップなどはできません。

3つ目は、必要書類が届いていない場合です。例えば、学生さんは社会人になる時に就職先の関係で引っ越しなどをすると思いますが、引っ越し後に住所変更はしましたか?クレジットカード会社は学生さんが登録している住所宛に書類等を郵送するので、住所変更をしていないと必要な書類が届きません。インビテーションの案内やゴールドカードの郵送も登録先住所宛に行なわれます。

つまり、インビテーションやゴールドカード更新の条件を満たしていても、必要書類が届かなければランクアップすることができません。住所変更の場合は早急にカードデスクに問い合わせたり、ネット上から行なうようにしてください。

なぜカード会社はランクアップを勧めてくるのか?

もちろん年会費の収入やゴールドカードを利用してもらうことでユーザーの利便性や快適性を高める理由があります。ショッピング利用代金が多い優良顧客に対しては、カード会社から「ゴールドカードを使いませんか?」と案内が来ます。スタンダードクレジットカードだと付帯保険やサービス内容が充分でないこともあり、それが気になってしまうとそのカードの印象自体も下がってしまいます。ですから、ゴールドカードは各クレジットカード会社がサービス性を高めたカードでもあるので、そのクレジットカードを使ってもらい、カードに対する印象を良くしたい狙いもあります。

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする