学生さんが知っておきたい!クレジットカードのポイント還元率ってなに?最初に知っておきたいお得な知識。

基本情報

学生さんのクレジットカードのポイント還元率で、そのカードがどれほどお得かわかります。

クレジットカードの還元率のイメージ画像

学生クレジットカードのポイント還元率とは、そのカードのお得さを率にしたもの。

ポイント還元率とは、クレジットカードを利用して貯まったポイントを交換した時に、その価値がカード利用した金額に対して、どのくらい還ってくるのかという率で、『高い方がお得度が高い』ことを意味します。つまり、クレジットカードがどのくらいお得なのかを示した指標だと思って下さい。学生さんですとイメージがわきにくいので、例を挙げてみたいと思います。

例えば、学生さんが100円で1ポイントが付与されるクレジットカードで、10,000円のショッピング利用をした際には100ポイントが付与されます。この100ポイントが「100円分」の電子マネー等に交換できるならば1ポイントの価値は1円分となります。つまり、100円で1円分の価値のポイントが付与されるので還元率は1%となります。

つまり、そのクレジットカードを利用してどれほどの価値が還ってくるのかを表しており、この還元率が高ければ高い程、学生さんにお得なカードと言えます。クレジットカードのポイントでお得かどうかを計算するためにこの還元率が考慮されます。

クレジットカードの還元率は、『使用金額に対していくらのポイントが貯まるのか』『ポイント交換した時の景品の価値』の2つの基準で還元率を計算します。この両者が優れていれば還元率は高くなりますし、どちらか一方が優れていても片方が劣っていれば還元率は低くなります。学生さんはクレジットカードを決める時にこの両方の要素をチェックして下さい。

 

 

学生さんのクレジットカードの還元率の計算方法とは?

学生クレジットカードの還元率の計算方法

学生クレジットカードの還元率の計算方法とは?

クレジットカードの還元率の計算方法は、『最低交換ポイント数の価値(○円)を、最低交換ポイント数を貯めるために必要な金額(○円)で割った時の値』です。

例えば、1000円分のカード利用で1Pが貯まり、最低交換ポイント数が1,000Pで5,000円分ギフトカードである場合、1,000Pの価値が5,000円分となり、1,000Pを貯めるために必要な金額は1,000円×1,000P=1,000,000円となります。つまり、1,000,000円で5,000円分の価値(ギフトカード)が得られるということは、5,000円÷1,000,000円 =0.5%となります。

 

還元率には、最低還元率と最高還元率があります。

クレジットカードの還元率には『最低還元率』『最高還元率』があります。クレジットカードのポイントは、どの景品と交換してもお得になるわけではなく、少ないポイントで価値の高い景品に交換する時にお得になるんですね。k『最低還元率』とは、貯まったポイントを景品と交換した際の還元率が最も低いことを言います。つまり、「もっともお得でない景品交換」という意味です。『最高還元率』とは、、貯まったポイントを景品と交換した際の還元率が最も高いことを言います。つまり、「もっともお得な景品交換」という意味です。

学生さんはクレジットカードで貯まったポイントは『最高還元率』の景品と交換すると1番お得になります。

還元率 お得度
最低還元率 低い 最低
最高還元率 高い 最高

クレジットカードの比較などで『還元率○%!』などとありますが、あれは基本的に『最高還元率』を言っている可能性が高いです。クレジットカードをお得に見せるために1番良いところを強調しているんですね。

一般的なクレジットカードの還元率は?

一般的なクレジットカードの還元率は『0.5%』です。最低では還元率『0.3%』高いものでは還元率『8%』というカードも存在します。

還元率
三井住友VISA

クラシックカード

0.5%
アメリカンエキスプレス 0.3%
高島屋カード 最高8%

全体的な傾向としては、プロパー系や銀行系のクレジットカード(三井住友VISA等)は還元率が低い傾向にありますが、信販系やネットショッピング系(ライフカードやオリコカード、楽天カード等)は還元率が高い傾向にあります。百貨店カードなどは還元率が高い傾向(高島屋カードは還元率8%)にありますが、百貨店カードなどは、カード発行会社のグループ商業施設などのみでポイント還元率が高くなる一方で、一般加盟店での還元率は低い傾向にあり、還元率を高くするには使用先が限定されてしまいます。

 

学生クレジットカードの還元率は?

学生クレジットカードの還元率の平均は『0.5%~1%』くらいです。還元率は一般カードと変わりませんが、学生専用カードであれば各カード会社が『学生専用特典』を用意していることが多く、実際の還元率以上にお得になる場合が多いです。以下の表では国内一般加盟店での還元率をまとめています。還元率については、web専用モール経由での買い物やリボ払いにすることでポイント倍率を上げることもできます。

カード名 最低還元率 最高還元率(2017年現在)
学生専用ライフカード 0.5%  2.5%
三井住友VISAデビュープラス 0.6% 1%
Orico card the point 0.9% 1%
JCB CARD EXTAGE 0.3% 0.5%
楽天カード 1% 2%(楽天市場)
エポスカード 0.5%
VIEWカード 0.5% 0.6%
REX CARD 1.5%

上記の表のように最高還元率は学生専用ライフカードが誕生月利用で2.5%、他にも楽天カードでも楽天市場を利用すれば還元率2%に到達します。

 

ポイント還元率は、同じ学生クレジットカードでも、交換するギフト券や移行ポイントによって変わる。

還元率は、どんな景品と交換するかによって変わってきますね。同じポイント数で景品交換できても、その景品の価値が異なれば、還元率が違うこともわかりますよね。

例えば、100ポイントで1,000円分のギフト券と100ポイントで2,000円分のギフト券がある場合、後者の方がお得だとわかりますね。また100ポイントで1,000円分の電子マネーに交換できる場合と、50ポイントで700円分の電子マネーと交換できる場合も、後者がお得だと言えます。

このように同じ学生クレジットカードでも、どの景品やポイントと交換するかで還元率が高くなったり、低くなったりしてくるんです。カード会社によっては、提携している企業との景品は、最低交換ポイント数に対して価値の高い景品がある場合があるので、そのような景品と交換をするとカードの還元率も必然的に高くなります。

 

ポイント還元率は、クレジットカードのポイント付与倍率でも変わる!

どの景品と交換するかによって還元率が変わることを解説しましたが、他にもクレジットカードは利用した金額に対してどれほどポイントが付与されるかにもよって変わってきます。ポイントが倍になる加盟店や支払い方法によるポイント付与率の違いなどがこれにあたります。

例えば、ライフカードでは通常は1,000円利用で1ポイントですが、誕生月はポイント5倍になるので1,000円で5ポイントになります。つまり、通常時期は1,000円で1ポイントの基準で還元率を計算、誕生月は1,000円で5ポイントの基準で還元率を計算します。これは同じ景品を基準として還元率を計算した場合、還元率に5倍もの差が出てきます。

このように、クレジットカードはポイント付与倍率によって還元率が大きく異なります。クレジットカード会社は現在、ポイント優待店やweb専用モールなどを用意することでポイント還元率を高めています。学生さんは、どのポイント倍率を基準に計算するのかを還元率の計算の前に決めておきましょう。

 

還元率で選ぶなら、おすすめはこの学生クレジットカード!

 

楽天カードも楽天市場で買い物をする学生さんは高還元率の4%(100円=4ポイント)です。これは楽天市場で10万円の買い物をした場合に4,000円還ってくる計算となるのでので非常にお得です。また楽天カードアカデミーは楽天トラベルなどの楽天グループサービスでの還元率も高いのでおすすめです!

楽天カードアカデミーの画像

楽天カードアカデミーも還元率1%の高還元率カード

学生用楽天アカデミーカードのメリットとデメリットと特徴を解説!
楽天ユーザーの学生は超お得になる!楽天カードアカデミーのメリット&デメリット&特徴を解説! 楽天アカデミーカードは楽天の学生用カードで、年会費無料、さらにポイント還元率が1%と(100円で1ポイント、1ポイント=1円相当)高還元率...

 

他にも学生さんのおすすめクレジットカード!【基礎知識も全解説!】では還元率の高いクレジットカードや大学生に定番のカードも紹介しています。

クレジットカードは沢山の種類がありますから、こちらも参考にクレジットカードを決められると良いかもしれません。

 

 

コメント