学生クレジットカードのセキュリティコードって何?ネット通販等での認証に必要な重要な数字です!

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生クレジットカードのセキュリティコードってなに?

セキュリティーコードの知識の解説図

学生クレジットカードで覚えておきたいセキュリティコードの知識を解説!

セキュリティコードとは、クレジットカードの不正利用を防止するために利用される数字3桁、あるいは4桁の認証番号(コード)です。セキュリティコードは、ネットショッピング等での不正利用を防ぐために導入されており、「カード番号」「暗証番号」「セキュリティコード」「カード有効期限」などを含めて、入力することでセキュリティを高めています。この仕組みは、セキュリティコード認証とも言われます。

セキュリティコードはどこにある?

セキュリティコードは、カードブランドによって掲載位置は異なります。VISA・JCB・MasterCardの場合はカード裏面にある署名欄に記載された数字3桁です。もし数字が3桁以上記載されている場合は、一番右側の3桁がセキュリティコードになります。

クレジットカードの裏面の解説図

カード裏面の画像です。①が署名欄。②がセキュリティコードです。カードによっては署名欄に3桁以上の数字が記載されていますが、その場合のセキュリティコードは一番右側の数字3桁です。 出所:http://www.lifecard.co.jp/card_annai/maeni.htmlを元に作成

カードブランドがAmerican Expressの場合は、カード券面の右上に数字4桁で記載されています。アメリカンエキスプレスの場合は、数字3桁ではなく数字4桁です。

american_expressのセキュリティーコードの画像

アメリカンエキスプレスカードのセキュリティコードは券面右上にある4桁の数字。出所:https://www.americanexpress.com/jp/content/green-card/

ここまでをまとめると、

  • VISA・JCB・MasterCard・Diners Clubはカード裏面の署名欄の右側の数字3桁
  • American Expressはカード券面の右上数字4桁

上記のようになります。

いつ必要になる?ネットショッピングでの決済等に必要です!

スマホでセキュリティーコードを入力する画像

セキュリティコードはネットショッピングで必要になる!

セキュリティコードは、インターネット上での不正利用を防止するために導入されており、ネットショッピング等でオンライン決済する際に入力を求められます。主に現在のネットショッピングでは、「カード番号」「暗証番号」「セキュリティコード」「カード有効期限」を入力してオンライン決済します。ネットショッピングサイトでの決済では、上記の内容に不備があれば決済がされないこともあります。

ネットショッピングサイトによっては、「セキュリティコード」を始めとした「カード番号」「有効期限」などを記録して、再入力する手間を省くシステムがありますが、セキュリティリスクを考えれば決済の度に再入力する方が良いでしょう。パスワードや暗証番号などの重要情報を端末やサイトに記録させるとやはり安全上の問題が生じやすくなります。

セキュリティコードは暗証番号と同様他人に教えてはいけない。

セキュリティコードの画像

セキュリティコードは他人には教えてはいけない番号。

セキュリティコードは、暗証番号と同じく他人に教えてはいけない番号です。セキュリティコードは、ネット通販や一部加盟店での決済に必要になる重要な番号です。磁気ストライプにはデータとして保存されていないのでスキミングの心配はありませんが、カードに印字されている状態ですので、他人はもちろん家族や友人にも見せないようにしましょう。

また紛失や盗難、破損により、カードを再発行する時にはセキュリティコードも変更されるため再確認が必要になります。またその際には、カード番号やカード有効期限等も変更されるため、カード情報を登録した公共料金やスマホ代金、通販サイトの支払い情報も変更しないと、決済がされなくなることを覚えておきましょう。

セキュリティコードの弱点

セキュリティーコードの弱点の解説図

セキュリティコードの弱点とは?

セキュリティコードは、カードに記載されているだけでデータ化されておらず、スキミングのような犯罪に強いと言われています。しかし、そのため経年劣化で薄くなったり消えたりしがちです。その場合は、カードデスクにその件を伝えて再発行をお願いしましょう。

また、スキミングに強くとも、フィッシング詐欺の場合には、入力した情報が抜き取られてしまうため、セキュリティコードは万全とは言えません。ウイルスやパソコンの盗撮でも抜かれてしまう可能性もあります。パソコンやwebサイトに重要な情報を記憶させないなどセキュリティを高めるようにして下さい。

万が一、不正利用があっても利用者に過失がなければ不正利用補償が適用されることもあります。クレジットカードには、盗難や紛失、ネット上での不正利用の損害を補償する保険というものがあります。この保険が適用されることがありますので、まずはカードデスクに問い合わせをしてみましょう。

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする