学生クレジットカードのメリットとデメリットを解説!

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生さんがクレジットカードを持つメリットとデメリットは?

高校を卒業して大学や専門学校や短期大学に入学するとクレジットカードを発行できる資格があります。みなさん、すぐにクレジットカードを作っておきたいと思われますが、それを持つことのメリットとデメリットがあることをわすれてはいけません。物事には両面があるように良い作用と悪い作用が存在しますが、今回は学生さんがクレジットカードを持った場合について解説してきます。

メリット

学生さんがクレジットカードを持つメリットとしては主に以下のことが挙げられます。

  • 支払いが素早く簡単になる
  • iTunesやスマホの課金が一瞬で完成
  • amazonや楽天などのネット通販での支払いが楽
  • 高額なパソコンなどを分割払いで購入できる(時間を掛けてお金を貯める必要がない=時間を先取りできる=時間損失がない)
  • 学生の時が審査が通りやすい
  • 早いうちにクレジットカードに慣れる
  • 世の中の仕組みを知れる
  • ポイントが貯まる
  • 学生専用特典を受けられる
  • 割引などの優待を利用すれば節約になる

デメリット

学生さんがクレジットカードを持つデメリットとしては主に以下のことが挙げられます。

  • 社会人に比べると経済力が低いため支払い能力が低い
  • お金の管理(金利やリボ払い)
  • 延滞や滞納をしてしまうと信用情報に異動情報が掲載される
  • 小額利用ではポイントが貯めにくい
  • カードを使い続けてしまう(学生カードは早めに切り替える)
  • 不正利用の被害に遭う可能性がある

以下、クレジットカードのメリットとデメリットについて解説して行きます。

店頭やネット通販での会計がスマートに素早くカッコ良くできる「時間短縮」

クレジットカードで支払いをすることで店頭やネット通販の会計がスマートに済ませることができます。現金で支払うよりも品が有るように見えるだけでなく、現金で会計したときに出る大量のおつりとは無縁です。また今までネット通販の代金をコンビニ払いや代引きにしている学生さんは、クレジットカード決済に変えれば「時間短縮」「手間省略」というメリットも享受できます。

バイト代の振込日が後で現金がなくても、先行購入が出来る

もしバイト代振込日前の学生さんが欲しかった新商品を偶然店頭で見かけた場合、その商品を買うことはむずかしいでしょう。それはバイト代振込前で現金が足りないからです。もしクレジットカードがあれば利用代金支払い日前までに口座に入金をすれば良いので、その場で購入することができます。

クレジットカードは利用日よりも後に請求される性質を利用すればこのように『先行購入』することができます。これはプリペイドカードやデビットカードではできないクレジットカードならではの利用方法です。

ポイントが付くため現金での会計よりもお得

クレジットカードではポイントが貯まり、これをギフト券や電子マネーに移行するとお得になります。カードのお得さは『ポイント還元率』という指標でわかり、この還元率が高い程そのカードはお得になります。還元率が1%ならば100万円で1万円分のポイントが付与されるという意味です。現金支払いではこの1万円分のポイントは付与されませんから、そう考えれば本来に貰えなかった1万円が貰えるためお得なんです。このように『ポイント付与分お得になる』と言うメリットもあります。

高額な商品を分割購入できる

現金支払いでは分割払いができません。クレジットカードは割賦販売法という法律に則って分割払いでの購入が可能です。これにより、もし学生さんの1ヶ月のバイト代が3万円で12万円のパソコンが欲しい場合は3万円の4回払いで購入することが出来るのです。このように1回では支払えない高額な商品を購入する際に非常に役に立ちます。クレジットカードの『分割払いでの購入』というメリットは大変重要な機能です。

審査が簡単な時期であるためクレジットカードを発行しやすい

学生の時期はクレジットカードの審査が通りやすい時期でもあります。クレジットカードの審査は信用情報を確認して行なわれますが、学生さんは信用情報がキレイな状態であることが多く、審査に通りやすいのです。さらに実家住みの学生さんや

カード独自の『割引』『優待』がある

クレジットカードにはそのカード会社独自の『割引』『優待』があります。小売り系のカードならば○○日は5%OFFという割引だったり、デパート系カードならカード会員のみSALE期間中10%OFFなどの優待があります。他にもカラオケや遊園地などの提携施設の入場料をカードの提示やカード払いで割引してくれることもあります。これを使えば学生生活も大変お得になりますので、

学生さんがクレジットカードを持つことのデメリット

正しい使い方をしないと信用情報に悪い履歴が残る

クレジットカードは社会人でも理解不足の方が多く、学生さんでは尚更クレジットカードの知識不足が目立ちます。そのためクレジットカードを間違った利用をすると延滞や滞納をしてしまい信用情報に延滞履歴が付いてしまったり、不正利用の被害にあっても補償されない事態になることがあります。

クレジットカード払いの癖が付く

クレジットカードの支払い方法は非常に簡単です。そのため一度クレジットカードで支払うようになるとこの癖が抜けにくくなり、何でもカードで支払うようになりがちです。現金と違ってデータ上での取引が中心になるので、預金以上の買い物をしやすくなる、つまり使い過ぎをしやすくなる傾向にあります

みんなに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする